食養生「心の不調」
ストレス
ストレスがたまってきたら、こまめに発散する事が大事です。ハーブなどの香りの良い食材を上手に使って気分をリフレッシュさせましょう。体内の気の流れをスムーズに整え、精神の緊張をほぐしてくれます。
ミント
体にこもった熱を取って、気の流れを整えます。初期の風邪にも効果的です。
うこん
肝臓の働きを高め、血の巡りをよくして、心も体も丈夫にしてくれます。
Cooking!
市販のお茶が便利です。カレー粉やマスタードに入っています。
はまなすの花
香りもよく、緊張をほぐしてくれます。ビタミンCも豊富です。お茶として市販されたものが便利。
イライラ
イライラしている時は頭に熱がのぼっている状態なので、熱を鎮める作用のある涼性の食材を選びましょう。油っこい料理は避けて、さっぱりとした味付けで食べる方が気持ちを静める効果がさらに高くなります。
たけのこ
体の熱を冷ます作用が強く、体内にたまる余分な水分を排出してくれます。
にがうり
にがうり 体にこもった熱を鎮め、毒素を体外に出してくれます。
Cooking!
豆腐と炒めたり、ゆでておかかにあえて。
セロリ
ほどよい苦味が頭にのぼった熱を下げて、排尿を促進します。高血圧にも有効です。
くよくよ
くよくよしてなんだか元気が出ないときは、心と体のエネルギーが低下している証拠です。体を養う食べ物でエネルギーを補給して精神を落ち着かせ、気分をリフレッシュして自信を取り戻しましょう。
押し麦
腎臓の機能を高めて体力を養い、心と体を穏やかに安定させます。
Cooking!
ご飯に混ぜて炊いてください。
ゆり根
ゆり根 肺を潤して、よい気を取り込み、体を元気にします。不眠にも効果的です。
はすの実
精神を安定させて、不眠を解消します。胃腸や頻尿にも有効です。
食養生「肌の不調」
皮膚のかゆみ
体が老化してくると、皮膚のうるおいが失われてバリア機能が低下するため、かゆみを伴うことが多くなります。そんな時には、肌にうるおいを与える食材や炎症を抑える作用を持つ食材で、皮膚のかゆみを抑えます。
緑豆
体の熱を取り去って、炎症やかゆみを抑える効果があります。
Cooking!
緑豆春雨の原料です。おかゆやおしるこに。
もやし
緑豆のもやしは、緑豆と同様に炎症を抑える作用が期待できます。
白きくらげ
肌を潤して老化を防ぎ、乾燥によるかゆみを緩和します。
吹き出物
体に熱がこもったり、肝臓の機能が落ちてきて血液や体液の循環が悪くなると、余分な水や毒素がたまりやすくなって、吹き出物が肌に現れます。解毒作用や利尿作用のある食材を使って予防しましょう。
はるさめ
体の熱を除いて解毒し、尿を出して水分の代謝を良くします。緑豆から作られたものを選んでください。
ごぼう
食物繊維が豊富で解毒作用があり、体の老廃物を体外に排出します。
はと麦
体にたまった不要な水分を取り除いて、素肌を正常な状態に整えます。
Cooking!
ご飯やおかゆに混ぜて。市販のはと麦茶でも。
しみ・くすみ
漢方では、しみやくすみは、血液などの循環障害がある時に現れると考えられています。血行を促進して体液の循環をよくする食べ物で肌にうるおいを補給して、しみやくすみが目立たない明るい素肌を保ちましょう。
きくらげ(白・黒)
きくらげは肌に効果大。白きくらげは、体に潤いを補給して白い肌に、黒きくらげは循環をよくしてしみを取ります。
とうがん
体の余分な熱を取り、白くて潤いとつやのある素肌が期待できます。
Cooking!
薄味の冷たい和の煮物や中華のスープなどに。
なす
利尿作用で体液の循環がよくなり、しみを目立たなくする効果があります。
白髪
老化によって、体のエネルギーをつかさどる腎臓の働きが弱くなったり、肝臓の機能が落ちて血液の量が減ってくると、白髪が増えると言われています。内臓を丈夫に保つことで、若々しい黒髪を保つように心がけましょう。
なつめ
胃腸の働きをよくして体を丈夫にします。甘い味にはリラックス効果もあります。
Cooking!
薄味の冷たい和の煮物や中華のスープなどに。
黒豆
肝臓に働きかけて血を補うことで、黒い髪を増やしてくれます。
松の実
肺や腸に潤いを与え、内臓を活発にして髪の若さを保ちます。
Cooking!
そのままお茶うけに。サラダ、炒めものにしても。
しわ
漢方で皮膚と関連が強いのは、肺や腎臓と言われています。これらの臓器の機能を高める食材を積極的にとって、体に潤いを与える効果をアップさせて、素肌を乾燥から守ることでしわができるのを防ぎましょう。
くるみ
肺や腎臓の働きを補って、素肌に潤いを補給します。
黒ごま・ごま油
胃腸の潤いを守り、肌のバリア機能を高めてしわを防ぎます。
バナナ
内臓や皮膚を保護して、体に潤いを与える作用があります。






ホームご案内施術内容太極拳整体師養成リンクお問い合わせ姿勢教室適応症状・背骨の歪み健康体操健康チェック知恵袋食養生主な検査の正常値メディア掲載太極拳動画練功十八法動画生徒さんの声プライバシーポリシー


ふない整体院
〒622-0011 京都府南丹市園部町上木崎町大将軍14-11 TEL.0771-63-0781

当院には南丹市はもちろん、亀岡市、京丹波町、福知山市、綾部市、篠山市などからも来院いただいています。

© 2010 ふない整体院 All Rights Reserved.