くびれを作る!腹式呼吸

くびれ作りと代謝アップのカギを握る腹式呼吸
腹横筋を鍛える以外にも、腸を動かすことにができる方法が「腹式呼吸」です。
腹式呼吸は、肺の下に広がる横隔膜の上下運動によって行われる呼吸法です。腹式呼吸をすると、横隔膜の運動範囲が広がり、人によっては通常時の3〜4倍になる事もあります。
私たちが普段行っている呼吸は「胸式呼吸」といい、胸郭を広げて肺に空気を入れます。胸式呼吸に比べて腹式呼吸は、ゆっくりと深く呼吸するため、換気量、
効率共に高く、一度にたくさんの空気を体に取り込めます。また、横隔膜は疲労しにくいので、たくさんの空気を必要とする有酸素運動に適しています。
つまり、腹横筋を鍛える時に、腹式呼吸を加えると、体内に効率よく酸素を取り込むことができるようになります。すると、酸素が腹横筋の細胞内にあるミトコンドリアに行き渡り、代謝がアップします。

腹式呼吸 気をつけたい3つのポイント
ダイエット効果抜群の腹式呼吸を正確に実践するために確認しておきたいポイントを3つ紹介します。
一つ目は、腹式呼吸の時は、肩を上下に動かさないということ。
肩が上下するのは、胸郭を広げて肺に空気を入れる胸式呼吸の場合だけ。呼吸した時に、肩が動いたら正しい腹式呼吸ではありません。
二つ目は、息を吸う時にお腹が出て、吐く時にお腹がへこむということ。呼吸する時にお腹を両手で押さえて、しっかりできているかどうか確かめてください。
最後に、呼吸のタイミングについて。鼻から3秒かけて息を吸い、口から6秒で吐き出すのが理想です。

腹式呼吸を生活の中に取り入れて脂肪が燃えやすい体を作る!
ダイエット効果をさらに高めるカギとなる腹式呼吸。これを「エクササイズの時に行う特別な呼吸法」と考えるのではなく、日常生活に取り入れるようにするだけでも、常に代謝の高い体がキープされます。
基本は息を吸う時にお腹を膨らませ、吐く時にしっかりとお腹をへこませる、たったこれだけです。「3秒間息を吸ったら6秒間かけて吐く」というように、時間は1対2の割合が理想的です。
また腹式呼吸には便秘が治るという嬉しいおまけもあります。腹式呼吸によってお腹の奥にある腹横筋が伸縮すると、腸が上下に揺さぶられるように大きく動き
ます。その刺激で腸のぜん動運動が高まると、お通じがスムーズになるのです。直接腸を動かすので、つらい腹筋運動より効果的です。
手足を動かす大きな動作も必要ありませんし、立ったままでも座ったままでもOKです。習慣化させることで、気付いたら自然に腹式呼吸ができていた、という状態を目指してがんばりましょう。
仕事中の腹式呼吸で気分をリフレッシュ!
仕事を始める前やちょっと休憩したい気分のときにも腹式呼吸がぴったりです。体内に新しい空気を入れることで心身の「換気」になります。
通勤途中の電車で呼吸の練習
通勤の行き帰りの電車内でも、腹式呼吸の練習を心がけて。吊り革につかまって立っているときはもちろん、座っているときでもOKです。
代謝が上がる入浴中は効果大!
全身が暖まる入浴中は、代謝効率がアップします。湯船につかりながら腹式呼吸をするだけでも脂肪の燃焼につながります。
くびれを作るトレーニング

鼻から息を吸ってお腹をふくらませ、口から息を吐きながらお腹をへこませる「腹式呼吸」で。






ホームご案内施術内容太極拳整体師養成リンクお問い合わせ姿勢教室適応症状・背骨の歪み健康体操健康チェック知恵袋食養生主な検査の正常値メディア掲載太極拳動画練功十八法動画生徒さんの声プライバシーポリシー


ふない整体院
〒622-0011 京都府南丹市園部町上木崎町大将軍14-11 TEL.0771-63-0781

当院には南丹市はもちろん、亀岡市、京丹波町、福知山市、綾部市、篠山市などからも来院いただいています。

© 2010 ふない整体院 All Rights Reserved.